読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あした

身体に悪いものが溜まってくると小さなことで泣いてしまう。まるで小さい子どもみたいに。
今日は洗濯物を干し忘れてて泣いた。その前はきゅうりがなくて泣いたし、なにもないところで躓いて泣いたこともあった。

生きるのに向いてないのかな。向いてる人なんていないのかもしれないし、向き不向きすらもないのかもしれないけど。完全に私は向いてないと思うの。
当たり前のものに悪影響をうけすぎて、逃げかたもわからないから傷つくだけ。回復する能力すらも欠けてる。低能

泣いてもなにも変わらないのに、あとどれだけ泣けば気が済むかな。だれかが苦しめずに殺してくれたりしないかなとか、話題の映画みたいに隕石でも落ちてきて死ねないかな、なんて考えてる。

涙の数だけ強くなれるよ って言ってる歌があった。強くなれてるのかな、プラスになってるかな。明日はどんなときでも来るらしいから、明日もまた生かされるよ。生きるよ。